旦那の浮気相手だと思われるあの女性はどこの誰?

静岡県の口コミで評判のいい探偵事務所・興信所一覧

あなたは旦那さんが浮気や不倫を絶対にしてないと言いきれますか?
実はあなたの知らないところでしてるかもよ?

わたくしA子の旦那が最近休日出勤や残業が多くなった。
最初は仕事が忙しくてだと思ってました。
ひたすら旦那はお風呂に入る時、トイレに行く時も肌身離さずケータイを持っていってます。

ある日の金曜日の夜、旦那はかなり酔っ払って帰ってきた。
会社とか友達とか同僚との飲み会だと思っていたのは私だけ。
その日はべろんべろんに酔っていたのでシャワーを浴びずにベッドで寝た。
お酒と香水の匂いが混ざって臭いなと思いつつ。
旦那が寝てから15分後にケータイが光って一件のLINEが来た。
B子『今日は楽しかったね』というLINEだ。
え?B子って誰やねん!人の旦那にハートマークの絵文字って何!?って思った私。
でもそのときはただ単に無意識にそのB子さんがハートマークの絵文字を使っているだけでまだ浮気と疑うのは辞めておこう。と考えておいた。
私と旦那は共働きだ。
私は月曜日に会社に出勤したときに同僚が『A子聞いてよー!私の旦那が年下の女と浮気したのー!』って言ってきた。
同僚に私は『なんで浮気されたってわかったの?』と問い出したら最初は残業や休日出勤が増えて、そのあとは肌身離さずケータイを持っていて決め手は旦那のスーツを洗おうとしてポケットの中を確認したらラブホテルのレシートが入っていたとのこと。
同僚は子どものために離婚しないで様子見をしているとのこと。
私も同僚の話を聞いてグレーになったので少し様子見をすることにした。
その週の金曜日、私は旦那より先に家にたどり着いた。
また私の旦那は先輩と飲んでくるとのことで『帰りが遅くなるから先に寝ててもいいよ』とLINEがきた。
私は『わかった』と返信はしたものの不安で寝れない。
日を跨いだ土曜日の午前1時に旦那が帰宅した。
私は不安で寝れないから起きていた。
先週と違ってシャワーは浴びた。
スーツのポケットの中にケータイが入れっぱなしでB子からのLINEが来ていた。
その内容は『○○ってホテルの設備綺麗だったね。また行こうね』とのこと。
私は旦那がシャワーを浴びているうちに急いで自分のケータイ電話で写真を撮った。
もっと証拠集めして詰めてやろうと思った。
翌週の月曜日、私はまたいつも通り会社に出勤した。
同僚は『ねえ!先週私の旦那が浮気したって話したじゃん?私問い詰めたのよ。そしたら土下座して謝ってきたから許した。子供にとってはいいパパってこともあるし信用しきれてない部分はあるけど男って浮気する生き物だし』と言った。
私も『ねえ、私もあなたと全く同じようなことがあってラブホテルのレシート写真で撮ったのよ!』と言ったら同僚は『これは確実に黒だね。もし離婚するとしたら慰謝料たっぷりもらいなね!』と。
私はその同僚の言葉を聞いて少し元気が出たのと同時に旦那に問い詰める勇気が出てきた。
私はその日から敢えて旦那よりも寝るのを遅くして証拠付けようとマークした。
そして水曜日の夜に旦那にまたB子から『明日また○○っていうラブホテルに行きたい』というLINEがきた。
旦那が寝ているからこそこの内容は見えたのだ。
そして私は次の日の木曜日、その○○ってラブホテルの近くで旦那とB子を尾行した。
なんとB子の正体がわかった!
私の専門学校時代の同級生だったのだ。
もう耐えられないと思って旦那とB子の目の前に出没した。
旦那は『え、、、なんでA子お前がここにいるの?』
B子は『え!?まさかA子の旦那さんだって知らなくてごめんなさい!』と謝ってきた。
私は苛立ちと悲しみがあった。
B子は旦那が既婚者って知らなかったから仕方ないのかもだけど、嘘をついた旦那に苛立ちと悲しみがあった。
B子は『専門学校時代の大切な友達傷つけるなんて許さない!しかもあんた既婚者とか私不倫したくないし!』と言った。
旦那は『本当に大切なのはA子だ。ノリでこんな事してごめん』と謝ってきたので許しました。
これからは浮気しないと誓ってくれました。

ちょっと待て!旦那が浮気だってだけじゃなく相手が男?

旦那の浮気、これだけでも普通の奥さんにはショックが大きいですね。しかし相手が男だったりしたら、もうこれはどうしていいのやら見当もつかなくなってしまいます。
そんなことは実際にあるのと思うでしょうが、意外と多いのです。こうした時にどうしたらいいのか、ちょっと考えてみましょう。

男と浮気でショックはあるでしょうがまず

もし旦那が元々ゲイだったのかそれとも、誰かに誘われてそいう関係にのめり込んだのか、ここも問題です。
元々ゲイであって、ゲイであったのを隠したくてあなたと結婚したということもあります。
そうではなくあなたとの付き合いで普通の結婚にたどり着いたと言う可能性もあります。
残念ながら世間体の問題で、ゲイであることを隠して生きなくてはいけない、と言うこともあります。そうした場合偽装結婚に走る人もいます。
現状はどうなのでしょう。
もし旦那があなたを大事にしてくれていて、子供もすでに生まれているとしたら、いわゆるバイであることは確かです。
でもゲイの部分の方も、結婚では埋められなかったのですね。
とは言え、結婚後もあなたを大事にしてくれていて、子供も愛してくれているなら、少なくとも偽装ではありません。そこは信じてあげましょう。
また元はそういったことがなかった場合、誰かに誘われてということもあります。非常に厄介ですね。
でもこの場合も、家庭を顧みずに遊んでいるのか、あくまでも家庭はしっかりと守って大事にしているのか、ここをよく見てください。

精神的肉体的に拒否を感じますか

男と浮気、しかも身体の関係まであるなんて、どうにも気持ち悪い許せない、と感じる人は多いです。
心情的には理解ができても、男と付き合った上に自分とも夜の生活を、というだけで拒否反応が起きる、これも当然のことです。
離婚を考えるのも当然のことです。
でももし、そこまで拒否は感じないし、単に浮気自体に腹が立つというなら、離婚まで行かなくても済むことはあります。
特に子供がいる場合には、そちらを優先に考えてあげましょう。子供に父親の浮気が原因で離婚、などというのは極力教えたくないものです。
もちろんDVなどがあったり、家庭を顧みずに遊んでいたりするなら話は別ですが、家庭に対してはきちんと節度を守っているなら、まだ許せませんか。
男と浮気と言う、女性相手とはまた違うショックがあるのはもちろんですが、そこは抑えて家庭自体のことも考えてみましょう。
もし完全に許せない、気持ち的にも肉体的にも拒否を感じてしまうとなったら、最終手段としての離婚も視野に入れなくてはなりません。

男性との浮気には大きなリスクがあることを把握して

普通の浮気ても同じですが、相手をきっぱりと別れてほしいのか、それとも目をつぶって見ないことにして生活を守るか、これも決めなくてはいけませんね。
相手が男であるという事実に縛られずに、これらの問題をまず考えたいものです。
ただし、男性同士の関係にもいわゆる危険が多いいです。もちろん女性相手の時の性病の問題にも、危険はあります。
ただ男性同士の場合、エイズの危険性がついてまわることも考慮に入れなくてはいけません。この点を旦那が把握しているのか、確認が必要です。
別れて欲しいにしても、目をつぶるにしても、この件についてはしっかりと話しをしておきたいですね。
子供にまで危険が及ぶような事になっては、悔やんでも悔やみきれません。
なので、旦那との話し合いは必須です。離婚に持っていくなら話は別ですが、この件について話し合っておけば離婚条件も変わってきます。
結婚を継続させる場合、別れてもらうにしても目をつぶるにしても、まずは病院に行って検査をということを主張してください。
女性相手の浮気以上に、肉体的な危険性があるのが男性との浮気なのです。

とにかく相手が男性ということだけを考えず

旦那の浮気相手が男性だということで、もうショックが大きく、それ意外考えられなくなってしまうのは仕方のないことです。
しかし慌てるだけでなく、また男性との浮気だということに縛られすぎず、次に打つ手を考えることも重要です。
もうこれはダメ、一緒に暮らすことはできないと離婚まで持っていくのか、それとも結婚生活を続けるのかですね。
浮気相手が男性だというのは大きな衝撃ですが、でも次にどういう手を打つかを、できるだけ冷静に考えていきたいですね。

ダブル不倫は甘いものではない。やるなら幸せにはなれないことを覚悟して

ダブル不倫は甘い響きがしますが実際は辛いことばかりです。
相手に会っている最中は燃え上がっているので良いですが、ふとした瞬間に訪れる寂しさは言い表すことができません、

不倫がいけないことであることは誰でもわかっていることです。

ましてお互いに家庭を持っているダブル不倫はそれを壊す愚かな行為です。

それでも何故、人はダブル不倫をしてしまうのか、ダブル不倫の果てには何が待っているのかをご説明します。

ダブル不倫をしてしまう理由

どうしてダブル不倫などという許されるはずのない恋をしてしまうか。

それは日常の不満をダブル不倫が忘れさせてくれるからです。

毎日を生きていると嫌なことなどたくさんあります。

外で仕事をしていればストレスに晒されますが、家に帰っても変わり映えのない生活が待っているだけです。

その当たり前な日常こそが幸せだと人は言いますが、その通りに受け止めるのは簡単なことではありません。

その受け止めるまでの過程の中で自分の辛さをわかってくれる人が現れたらどうでしょうか。

誰にもわかってもらえない想いを共有することができる人に惹かれるのは自然なことです。

既婚者の悩みは既婚者にしかわかりません。

そのため既婚者同士は強く惹かれあってダブル不倫に至るのです。

ダブル不倫はスリルがあるのでそれを楽しんでいるというカップルは確かに少なくはありません。

しかしそれは刺激が日常を忘れさせてくれるからではあるものの、信頼できる相手であるということが大きな理由です。

刺激が欲しいだけであれば他にやり方はいくらでもあります。

ダブル不倫という特殊な関係を結ぶには繋がりの強さが重要になるのです。

ダブル不倫の辛さは孤独感

ダブル不倫をしているカップルは、お互いに帰らなければならない家庭がありますので常に一緒にいることはできません。

帰らなければならない、帰らせなければならないということは心を裂かれるような痛みを感じるものです。

頭ではわかっていて、最初は我慢ができてもそれが重なるにつれて次第に耐えられなくなってきます。

自分自身も帰らなければならない場所があることも苦しむ原因になります。

どんなに夫婦仲が冷え切っていて開き直った状態でのダブル不倫であったとしても、相手を裏切っている罪悪感を感じずにはいられません。

思い通りに不倫相手の会えない辛さと自分自身が犯している罪に苦しめられることになります。

さらにダブル不倫は誰にも相談することができないので孤独を感じることも多いです。

不倫相手には話すことができない悩みを抱えてしまった時には自分で解決をするしかありません。

ダブル不倫をするときにはそれらの苦しみに耐える精神力が求められますので、楽しいイメージだけを持ってダブル不倫をしてしまうと後悔することになります。

ダブル不倫の結末に幸せはない

ダブル不倫にはハッピーエンドはありません。

必ず別れの時は来ますが、不倫相手との別れだけで済めばまだ良い方で、今の生活の全てを失う可能性も十分あります。

ダブル不倫は無理のあるニ重生活となるためどこかに隙が生まれて自分の家族に気が付かれることが多いです。

そうなれば離婚を言い渡される可能性は十分ありますが、離婚したところで不倫相手の所へ行けるとは限りません。

不倫相手のも家庭がありますので、そちらを守ろうとして不倫関係を解消されてしまう可能性は十分にあります。

その結果、最後は一人ぼっちになってしまいますが、それを他人に言っても自業自得だと言われてお終いです。

ダブル不倫が発覚しなかったとしても不倫相手との関係はゴールが見えないためにいつまでも続けることは精神的に楽ではありません。

いずれ不倫関係を解消する時が来たとしても、そのまますんなりと元の家庭に戻ることはできません。

ダブル不倫の記憶が消えることはありませんのでまたすぐに今の家庭に不満を持つことになります。

そうするとまた不倫する相手を探すこととなりますので、全てを失うまで止まることができません。

ダブル不倫は覚悟を決めてすること

ダブル不倫は生半可な気持ちでできることではありません。

全てを失う覚悟で好きで好きで仕方がないのであれば心の声に従うべきですが、不倫をしてみたいという願望でできることではありません。

ダブル不倫に憧れを持っている人は、本当にそんなことをしてしまっていいのかと自分の胸によく問いかけてください。

 

バレたら危険!社内不倫をする時に気をつけることは?

社内不倫をしている人、もしくはこれからしようと思っている人はいませんか?

社内不倫は相手と接する時間が多いゆえに、周りにばれやすく気をつけなければリスクが生じてしまいます。

そこで今回は、社内不倫で気をつけることを紹介します。ぜひ、社内不倫に興味がある人は参考にしてみてください。

社内不倫には様々なリスクがあることを覚悟する

社内不倫をする時には、様々なリスクがあることを覚悟しなくてはなりません。

社内不倫が会社の人にバレてしまうと仕事がしづらくなってしまいますし、相手の配偶者にまでバレてしまい大変なことになる可能性もあります。

場合によっては仕事を辞めさせられてしまうこともあり、これからの人生に悪影響を与えることにもなります。

相手と接する時間が長いゆえについつい親密に接してしまいがちですし、隠していても周囲は気づいているということもあるのです。

社内不倫は大きなリスクがあるということを覚悟しておかなければ後悔してしまいます。

社内不倫をする時には相手が好きだからという安易な気持ちで始めないようにすることが大事です。

社内では恋愛感情を持ち込まない

社内不倫をしているといくら自分たちが気をつけていてもちょっとした言動によって不倫がバレてしまうこともあります。

そのため、社内不倫をする時には社内では恋愛感情を一切持ち込まないことが大切です。

特に女性側は恋愛に没頭しやすく社内でも恋愛を持ち込みやすいです。

そうなると相手のちょっとした言動で一喜一憂して精神的に不安定になってしまいますし、周囲に不倫を気づかれやすくなってしまいます。

また、不倫恋愛がうまくいっていないと仕事にまで影響が出てしまい、周りの人に迷惑をかけてしまいます。

相手に配偶者がいる不倫は、普通の恋愛よりも感情が揺さぶられることが多いです。

それゆえに、恋愛感情を持ち込むのは非常にリスキーです。

会社は仕事をする場所と割り切って、社内では相手とお付き合いをしていることは忘れるくらいの気持ちで仕事に取り組む方が社内不倫がうまくいきます。

相手と接する際には普段とは違うビジネスライクな言動で対応をするようにしましょう。

相手をコントロールしようとしない

社内不倫をしているとどうしても相手の言動が気になってしまいます。

たとえば、相手が自分以外の異性と接しているのも見たくなくても見てしまうことだってあるのです。

その際に、相手に「自分以外の異性とあまり話さないでほしい。」などとコントロールをするようになったら相手は仕事がしづらくなってしまいますし過度な束縛は気持ちを遠ざけてしまう原因にもなります。

また、社内で接する時に、相手が自分に対して冷たい言動をすると機嫌が悪くなってしまう人も社内不倫では要注意です。

恋愛をすると相手が自分の思い通りに動いてくれることを望みがちですが、相手の気持ちや言動はコントロールをすることができません。

自分以外の異性と話をしていても、自分に対して冷たいと感じる言動をしても、動揺することなく冷静にいることが重要です。

恋愛関係にあったとしても相手は自分の思い通りにコントロールできないことを始めから理解しておくと、苦しまずに社内不倫を続けることができます。

社内不倫は普通の恋愛よりも気をつけることが必要

いかがでしたか?社内不倫は相手と一緒に仕事ができる分、親密になりやすく周囲にバレやすいです。

そのため、普通の恋愛と同じように接していたらすぐに不倫が気づかれて会社にいられなくなってしまいます。

不倫がバレないようにするためには、恋愛感情を仕事に持ち込まず冷静に対応することです。

また、相手に過度な期待をしてコントロールをしないようにすれば、苦しい思いをせずに周囲にもバレずに社内不倫をすることができます。

言わなきゃバレないだろうと安易な考えで不倫を始めると後になって多大なリスクが生じてしまうこともありますから、社内不倫を始める時には慎重に行うようにしましょう。

コメントは受け付けていません。